悩むカメラマンのぶろぐ



一審の裁判員判決を破棄=被害者女性との示談考慮―東京高裁(時事通信)

 一審が裁判員裁判だった強盗強姦(ごうかん)事件の控訴審判決で、東京高裁(中山隆夫裁判長)は26日、「一審判決後に被害者女性と示談するなど有利な事情がある」として、懲役13年だった一審判決を破棄し、懲役12年を言い渡した。裁判員裁判の判決が控訴審で破棄されるのは初めてとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
【特集】取り調べ可視化の行方
裁判員「量刑、甘い」=強盗致傷の判例検索で違和感
強盗強姦未遂容疑で男逮捕=ほかにも5件関与か
父殺害の男に懲役7年=「障害が影響」裁判員判決

バカラ賭博の経営者逮捕 警視庁(産経新聞)
資金問題、小沢氏は説明を=民主幹部に蓮舫氏ら直訴(時事通信)
普天間「月末へ最終努力」=首相(時事通信)
代替フロン 中国から大量排出 研究チーム分析(毎日新聞)
消費増税明記に否定的=小沢氏「第一は無駄削減」―参院選公約(時事通信)
[PR]
by hb1lqi7bjc | 2010-05-26 12:53
<< <気象>竜巻と雷の「ナウキャス... 「宮崎牛」種牛は避難、移動制限... >>


カメラマンの苦悩の日々を告白
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧