悩むカメラマンのぶろぐ



井上ひさしさん死去=作家・劇作家、「吉里吉里人」など(時事通信)

 「吉里吉里人」「四千万歩の男」など奇抜な設定と軽妙なタッチの小説や戯曲、エッセーで知られ、護憲運動にも力を注いだ作家・劇作家の井上ひさし(本名廈=ひさし)さんが9日夜、肺がんのため神奈川県鎌倉市の自宅で死去した。75歳だった。山形県川西町出身。葬儀は近親者で行う。 

【高速道路新料金割引】上限料金、NEXCO系は軽1000円から大特1万円(レスポンス)
元朝青龍の主治医、1億円所得隠し(産経新聞)
<石破茂政調会長>「日本」との選挙協力に積極姿勢(毎日新聞)
<議員立法>民主党が容認 政府との合同審査条件に(毎日新聞)
うそ供述でラーメン店長かばう  犯人隠避容疑で従業員を逮捕 京都(産経新聞)
[PR]
by hb1lqi7bjc | 2010-04-17 05:24
<< イチネンHD、黒田会長が退任へ... カラ残業訴訟で大阪市が逆転敗訴... >>


カメラマンの苦悩の日々を告白
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧